レシピ紹介|海水にがりを使用した美味しくて健康的な無添加豆腐は尾崎食品株式会社で

レシピ紹介

豆乳鍋

材料 2人分

もめんとうふ 2分の1丁
白菜 8分の1個
水菜 4分の1ワ
しめじ 2分の1パック
ほうれん草 4分の1ワ
にんじん 50㌘

だし汁 2カップ
豆乳 1カップ
みりん 大さじ1
うすくち醤油 大さじ1
塩 小さじ3分の2
お好みで練りごま(白)大さじ1杯半

作り方
とうふは食べやすい大きさに切ります。
白菜と水菜はざく切りにします。しめじは根元を切って小さく分けておきます。ほうれん草はさっとゆでて水にとり、水気を切って食べやすい長さに切ります。にんじんは縦にうすく切り、ゆでておきます。

鍋に材料を入れ、中火にかけます。煮立つ直前に弱火にし、材料に火が通ったらいただきます。

火加減が強すぎると、ふきこぼれたり底が焦げたりするので気を付けましょう。

揚げだし豆腐

もめん豆腐をお好みの大きさに切りかたくり粉をつけて油で揚げます。
(きぬこし豆腐を使われるときは、キッチンペーパーで1時間くらい水を切ってかたくり粉をつけて油で揚げます。)
器に盛りつけて、ネギやしょうがなどお好みの薬味をのせて温めたつゆをかけていただきます。
そうめんつゆを使うと美味しくて簡単にできます。

ミニ五目がんもと野菜の煮もの

ミニ五目がんもの美味しい季節です。
まんまる、ふわふわのがんもを季節のお野菜と煮ました。

冷奴の生ゆば添え

冷奴に生ゆばをトッピングしました。
お好みの薬味を添えていただきます。
とろとろのゆばがたまらないお味です。

冷奴のピリ辛添え

きぬこし豆腐の冷奴にうす揚げのピリ辛をトッピングしました。
タレはゴマドレッシングをかけていただきます。

うす揚げのピリ辛
材料
うす揚げ、醤油、砂糖、豆板醤、ゴマ
鍋に、みじんに切ったうす揚げを入れ、砂糖と醤油でお味を付けます。こがさないように、煮汁がなくなるまで煮たら、豆板醤を少々入れます。よく覚まして冷蔵庫で保存します。お好みでいりごまを振ります。


卯の花

卯の花の炊き方

 

卯の花を手間暇をかけた愛情たっぷりのおかずです。ご家庭の冷蔵庫にある具材で出来、しかも身体にいい価値ある一品です。


材料

A おから250g

B ニンジン

  うす揚げ

  ごぼう

  こんにゃく

  干ししいたけ

  貝柱またはえび

C だし汁 700CC(こんぶ、かつお、いりこ)

  砂糖  お好みの分量

  塩   少々

  みりん 少々

  醤油  お好みの分量

D ネギ


①    用意しただし汁の中に細かく切ったBの具材を入れて炊きます

だし汁は③でも使うので多めに用意してくださいB]の具材はお好みで用意してください

②    ①に砂糖、塩、みりん、醤油を入れ、お好みで味付けしてください

③    ②におからを入れて煮汁がなくなるまで、中火から弱火を整えながら30分くらい炊きます。

④    最後にネギを入れて火を消します

おぼろ豆腐の冷奴

おぼろ豆腐 4分の1丁
薬味 ネギ少々
    すだち2分の1
    お好みでミョウガのみじん切り、おろし生姜などを添えていただきます

神戸豆乳グルト

神戸豆乳グルト 2パック(600cc)
豆乳      1パック(300cc)
喜界島の粗糖  75g
レモン汁    10g
りんご酢    10g

■基本の食べ方
①神戸豆乳グルトをパックから出し、ハンドブレンダーやミキサーにかけます。
②柔らかなクリーム状になるまでかきまぜます。
②器に入れ、お好みのフルーツやジャムをトッピングしていただきます。

ページの先頭へ